亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など

亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。
妊活中にも、亜鉛の摂取を心がけてください。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
妊娠を希望している女性だけでなく、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。
健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。
葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。
青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツの中では、イチゴが有名です。
あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと知られていますね。
それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。
あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。
葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲むのも良い方法だと言えますね。
妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという事ですので、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、服用後2か月には下の子ができました。
費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。
葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりと含まれているサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。
ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分がまとめられています。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお勧めします。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。

乾燥肌の人はとにかく保湿することが大事です。

乾燥肌の人はとにかく保湿することが大事です。
重要なのは体の外からも内からも忘れないでください。
体の外からというのは、肌に直接水分補給を行って、保水をするということです。
顔を洗う際には低刺激のものを使うか、何もつけず、ぬるめのお湯を使って軽く表皮に付いた汚れを落とすように洗顔しましょう。
軽く顔を洗った後には、間を置かず化粧水で保湿してください。
顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかご存知でしょうか。
正解はずばり、朝と夜の2回です。
これ以上顔を洗うのは肌をダメにしてしまう1番の理由です。
回数が多ければ多い分汚れが落ちるわけではなく、最高2回までというのが美肌を目指すことへと繋がっていくのです。
乾燥肌、敏感肌の人の場合、毛穴が小さいので、少しの量の皮脂でも目詰まりになり炎症をを起こしてしまいます。
これはオイリー肌と同じくニキビができやすい環境なのです。
さらに肌の防御システムの機能が低下しているので外からの刺激に対し敏感で、すぐに肌荒れがおきてしまう状態でもあります。
ニキビや肌トラブルに陥らないためにも、正しいスキンケアして方がいいです。
元々、私は大抵、美白を考えているので、季節を考慮せず一年中、美白タイプの基礎化粧品を利用しています。
やっぱり、利用しているのと用いていないのとではまるっきり違うと思います。
美白タイプの製品を使い出してからはくすみが思ったより違和感がなくなりました。
肌荒れは空気が乾いているために寝ていません。
肌をカバーしてくれるクリームを適量より多く利用すると良いでしょう。
乾燥した肌を放置するのはしない方がいいです。
肌を清潔にするためには、洗顔することが大前提ですが、顔を洗いすぎると、逆に傷つけてしまいます。
朝の洗顔は行わないか、気休め程度に行うのが良いです。

乾燥肌ですので肌の手入れにはオイ

乾燥肌ですので、肌の手入れにはオイルを使うことが多いです。
オイルを使用してマッサージをしたり、オイルパックを利用したり、また、クリームを塗る代わりにオイルを使用しているので、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。
いつでもツルツルの肌になれて大変嬉しく思います。
ニキビが眉上の目立つところにひどく出た時に、あまりにも見苦しい状態だったので、先生に診てもらうことにしました。
先生から、塗り薬を出しますので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。
ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、強い薬ですので、状態が改善してきたら塗る回数を僅かにしないと駄目なそうです。
ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ちゃんにはできません。
赤ちゃんに頻繁に起きるのは、オムツかぶれなどが有名なところのかぶれがあります。
赤ちゃんの肌は、とても繊細で、間髪いれずにかぶれができてしまいます。
ニキビとかぶれは同一ではありません。
ベビーのお肌に何かの異常が起きてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。
ニキビは皮脂により毛穴が詰まってしまって、その中で炎症になっている状態です。
乾燥がひどい場合皮脂が少ないことから毛穴のトラブルは起こらないように思われますが、実際のところはそうではありません。
皮脂の分泌が異常に低いとお肌は乾燥しないようにたくさんの皮脂分泌をしてしまいます。
結果、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビが発生するという事例が少なくありません。
敏感肌対策のお手入れを行う際には、肌が乾かないようにするため、湿度を保つ事が必要です。
保湿するためにはいろいろな方法があります。
化粧水やクリーム等がたくさん揃っていますし、コスメ、メイク用品にも保湿効果の高いものが存在します。
保湿に適したセラミドが使われているスキンケア商品を使うのもいいはずです。

乾燥によるお肌のトラブルでお悩みの方

乾燥によるお肌のトラブルでお悩みの方のスキンケア方法としては、とにかく化粧水でたっぷりと潤いを与えた後、必ず乳液を使い潤いをお肌に閉じ込めるバリアーを作ります。
それに、お肌の内側からも、潤いを与えることが重要なので、約2リットル分の水を飲用するようにしてみてください。
体の外側と内側から保湿と水分補給をして、弾力のあるみずみずしいお肌を取り戻しましょう。
ここ数年前から私の母は顔のしみにじっと考え込んでいました。
そのシミのサイズは十円玉と同じくらいの大きさが一つ、少し小さいものが何カ所か両頬に点々とありました。
1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミに効き目がある」と聞き、さっそく毎回の食事にできるだけ摂取してきました。
という理由で、だいぶシミは消えてきました。
顔の他に、意外にもニキビができやすいところは背中なのです。
背中は自分で見えないため、ニキビには、気づかないことも多くあります。
それでも、背中のニキビもきちんとケアをしなければ跡になってしまいます、注意がいります。
敏感肌だからって、敏感肌用の肌手入れの商品を使用すれば良いというわけでもありません。
お肌の状態は人それぞれで違ってきますので、肌が過敏な状態の時には、必ず使う前にテストを行ってみてください。
また、肌の水分を失わないためにも正しい方法で洗顔をすることが大切なのです。
化粧品で初めて使う商品のものは自身のお肌に合致しているのかはっきりしないので、使うのに割と心配があります。
店頭での試用では不確定な事もありますから一般的よりも少し小さいサイズで、お得なトライアルキットの類があればすごくハッピーです。

不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっ

不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。
妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
上の子が男の子でしたし、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。
排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分け法を実践しました。
妊娠が発覚した後、性別が判明するまで緊張しましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。
妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。
葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。
適切に摂取を続けることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に摂取した方が良いでしょう。
様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。
フルーツの中では、代表的なものにイチゴやライチがあると発表されています。
他の果物では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。
葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。
十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースで補給するのも良いと思います。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温計測から始めてみましょう。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意事項もありますから、習慣的に続けていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。

不妊体質とストレス。この二つは密

不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や本人の不安などが不妊治療とあいまってストレスになるケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大事かもしれません。
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。
この妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも男性側が実践できる妊活もあるのです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
例えば、妊娠前から葉酸を適切に摂取した方が良いと雑誌に掲載されていました。
どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを服用するのが良い、とも書いてありました。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。
皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。
葉酸は、この時に重要な働きをします。
必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。
ですので、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。
しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないという方が殆どだと思います。
そうした場合、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。
ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。
例えば、フルーツの中では、代表的なものにイチゴやライチがあると一般的に言われています。
それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。
葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースで補うのも問題ありません。

不妊を考えるときストレスは無視でき

不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大事かもしれません。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。
あるいは枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できますから、おススメです。
一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減ることが一般的に行われているようです。
治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
実は私自身もすでにアラフォーですので、色々なものに追い詰められているようで、ストレスも限界です。
胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。
食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。
では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。
妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康維持を考える上でもとても大事な栄養成分ですから、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。
万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。

不妊の要因になるものといえば排卵

不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性の方の要因が考えられるでしょう。
ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので妊娠を希望している方は、早めの摂取を心がけてください。
葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法にポイントがあります。
具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱しなければいけない場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通す程度にした方が良いです。
もし面倒だな、と感じる方は葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。
妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。
ビタミンの一種である葉酸には、貧血を防ぎ、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
他には、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。
ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。
ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。
さらに自律神経のバランスが良くなりますから、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。
ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。
こうした動画を活用すれば、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く息が上がる程度の運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。

不妊の要因としては排卵がうまくいかない排卵

不妊の要因としては、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性の方での問題と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが挙げられると思います。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。
女性のみならず男性も検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツでは、イチゴやライチに含有量が多いと発表されています。
それ以外では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。
十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースで補給するのも良い方法だと言えますね。
ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。
すると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。
インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。
軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。
葉酸の成分には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。
それから、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、夫婦共に非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。

不妊の根本的な原因はまず排卵そのもの

不妊の根本的な原因は、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など婦人科面での要素と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが想定されます。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、両親ともに受診して検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。
長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。
ほどなくして二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、つい忘れてしまったりして摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくる方が多いです。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリメントなんです。
容易な摂取が可能ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。
妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。
具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので妊娠を希望している方は、摂取をオススメします。
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。
それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿、汗と共に体外に排出され、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。
とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。