葉酸は体に不可欠な栄養素でビタミンB群の一種で

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。
野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。
様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。
フルーツの中では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。
その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。
アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。
柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。
ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良いですね。
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸は、ビタミンのひとつです。
その効果は適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいますよね。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
葉酸は青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でも多少は摂取できているという事ですね。