胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために

胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが適切な摂取方法だと言えます。
せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。
なぜかと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。
反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時での摂取はおススメしません。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。
基礎体温でタイミングを見計らっても、ぜんぜん妊娠できなくて、義妹や姉のところに子供ができると、このままだったらどうしようと落ち込みました。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤が有効というので試してから、そう時間をおかず妊娠することができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。
胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。
ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思います。