皆さんご存知のように妊娠中は葉酸

皆さんご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを選ぶ際のポイントとしては、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類前後入っているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。
このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてくださいね。
葉酸を多く含む食べ物ですが、果物では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。
または、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。
簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても問題ありません。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。
胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
親友の話なのですが、妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。
漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。
彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かりました。
ずっと頑張っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。
妊娠した後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。
十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。