歯科医の宣伝でインプラント治療を

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。