歯科医でインプラント治療を勧められた方もいる

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。