差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。