完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプ

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。