入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるイ

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。