入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがイン

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。
しかし、難点もあるということに気を付けてください。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。