今妊娠の可能性がある方や妊娠初期の方にご一

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。
通常の食事での摂取とは別に、さらに葉酸の補給をするように正式に厚生労働省が推奨しています。
葉酸を十分に摂取することで、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。
葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。
葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリを飲むときには、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。
目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですのでいま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も摂取をオススメします。
熱によって失われやすい葉酸は、食べ物から摂取する場合、調理にはちょっとしたコツがあります。
葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、熱を通す必要があるならば、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。
しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。
そんな時は葉酸のサプリメントを活用するのが一番簡単だと言えますね。
むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
妊娠に適した体になるように、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私はまず運動で、体を変えてみようと思いました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温があがって、冷え性が改善したんです。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。
体温低下で血行不順になると摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が低下することにつながります。
最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
血行不順を緩和して自律神経に働きかけ、ストレスを和らげる効果もあります。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。