不妊の一因は冷え性だともいわれています。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。
体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。
こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血行を良くして、代謝機能を底上げするだけでなく、体全体をリラックスさせる効果があります。
赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。
私の場合はそれが良かったのでしょう。
それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿とか汗で流出します。
そのため、体内に蓄積するということはありません。
しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省によって勧告されています。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、そう時間をおかず妊娠することができました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。