チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがイ

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。
また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。