インプラントの技術が確立されてきた現在では医療スタ

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。
加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。
まれな症例として、手術後の死亡例もあります。