インプラントという治療法を聞いたこと

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。