この時期は乾燥を心配して色々とお肌

この時期は乾燥を心配して色々とお肌のケアを行いますが、そのようにすることが逆にニキビが増える原因を作り出しているように思うことが時々あります。
いつもは利用しないような基礎化粧品などを利用することが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でもニキビが発生してしまうことがあるそうです。
私の母は、顔を朝洗う時、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。
母は顔を洗う時には水だけで洗います。
母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌に悪いから水だけでかまわないという石鹸不必要説を頻繁に話してくれます。
そんな母のお肌は65歳なのにきめこまやかです。
にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、ひとつの、ニキビができる原因です。
気になり、つい角栓を指で押しつぶして取り出してしまうと、そこがニキビ跡になる原因となってしまいます。
角栓をつくらせないように、また、ひどくさせない為には、十分に肌の保湿を行うこと、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、大切なことなのです。
顔を1日何回洗うのが1番よいのかお知りでしょうか。
ズバリ答えは朝晩の2回です。
これ以上顔を洗うのは肌にダメージを与えてしまう要因となります。
何回もすればその分肌にいいわけではなく、最高2回までというのがきれいな肌へと繋がっていくのです。
一般的にニキビは繰り返しできやすいお肌のトラブルです。
改善したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐにまたニキビはできてしまいます。
ニキビが再発しないよう防止するためには、お肌をキレイに保つようにし、不摂生な食生活をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが重要だと思います。